人気ブログランキング |

大阪での生活も板についてきました。ますます忙しい旦那をもつお気楽主婦の徒然日記。旦那との思い出帳、たま~に着物。お気に召すままに。夫婦の写真をアトランダムに盛り込んでます。


by smughetto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

のんびりお正月

今さらながらの年末年始日記も今日でおしまいです。

元旦には少しぱりっとしてお屠蘇をいただきました。
d0178432_17445440.jpg
お猪口は富士山です^^
錦市場で一目惚れをして・・・☆
d0178432_2375490.jpg
中にも富士山が描かれていて、
富士山を眺めながらいただきました。

こちらは買いだしたもの♪
d0178432_12339.jpg
d0178432_1241474.jpg
お猪口とおなじく市場の雑貨屋さんでえらんだお皿に2人で並べてみました。
(器類はシャンパングラスしか頭になくて急遽現地調達となったのでした;)
d0178432_2355457.jpg
柿の葉寿司もハモの押し寿司もおいしかったー

d0178432_17165879.jpgd0178432_1313938.jpgd0178432_13133861.jpg
小皿はお猪口とお揃いの富士山柄。
錦市場のくおりてぃーの高さに感謝(笑)これらで三が日ちびちびやりました。

さて、初詣です。
d0178432_239169.jpg
やってきたのは東寺。こんどこそ!開いていました。
d0178432_12444455.jpg
曇っていますが、元旦です。
d0178432_16542154.jpg
お参りをして境内を歩いていると懐かしい東寺の市に遭遇。
夫はむかし一人旅でここでカメラを買ったらしくうぉ~と感慨深げ。
d0178432_16545587.jpg
お昼は八坂圓堂さんで乾杯しました。
あ~もういいお正月は飲んだくれるぞーとそんなモード。

d0178432_1703797.jpg
六波羅蜜寺。

建仁寺花見小路をおだやかな気候の中てくてく歩いて
d0178432_12314171.jpg
八坂神社に近づくに連れて人混みが増してきました。
d0178432_1321342.jpg
d0178432_1362361.jpg
破魔矢と御札をいただいて夫はおきまりのおみくじ。
d0178432_12363295.jpg
ついつい京都のお正月をいろいろ見てみたくなりましたが、
そうこうしているうちにバタバタと過ぎていってしまわないように
夕暮れどきの鴨川を眺めながらのんびりと宿にもどりました。

こんな過ごし方はもうないかもなぁと思いつつのこころみ。
すでに懐かしく思い出す冬休みとなりました。
by smughetto | 2012-01-27 18:36 | jalanjalan

京都で年越し

錦市場から向かったのは南座となり「松葉」さんでした。
ここはもちろんにしんそばを注文。
にしんそばってなんでニシンの上にお蕎麦を数本キレイに並べるんだろうね?
兼ねてから不思議に思っていたことを口にした矢先、目の前にボンっ!

d0178432_2233729.jpg

話とちがう...。
うすいおだしが食べていくうちにニシン味に染まっていく感じ、
ボリュームたっぷりのほろほろのニシン、コシのないお蕎麦。あー満足。
そういえば年末にこうして外で遊ぶのって人生であまりなかった経験かも♪
夫は、江戸っ子はこうやって食べるんだよ!と腕いっぱいお蕎麦を持ち上げてズズズッ

d0178432_22354593.jpg

私が飲んで帰ったとある日成城石井の紙袋がソファの上にぽんと
置かれていました。中からはモエエシャンドンチルドボックス付き☆

d0178432_22364227.jpg

この日のこの瞬間に開けよう!と待ち構えていました。
紅白を見ながら待機して..。
2012年1月1日零時丁度!天井めがけてオープン!


さてさて。窓を開けて耳を澄まします。
・・・・・しーん。

ん?ゆく年くる年の音量をオフにしてと。
・・・・・しーーーん。

「京都に鳴り響く除夜の鐘をききながら年を越す」
・・・はかなくも夢と妄想におわりました。


気を取り直して、
初詣に出掛けますか!
d0178432_2238196.jpg
行き交う人が少ないのが若干気にはなりましたが?東寺に到着。
d0178432_15411493.jpg
なんと閉まっている...。
どうりで除夜の鐘が聞こえてこなかったわけです。
同じように門前払いの人たちがぱらぱら。ははは
d0178432_22391178.jpg
らんららんらら~ん♪ショックで踊る夫であった。
 
震える寒さの中今来た道を歩いて、
コンビニで肉まんひとつ買い食いして帰りましたとさ。
by smughetto | 2012-01-23 21:57 | jalanjalan

大晦日の錦市場

いつも旅の荷造りは当日の朝と決め込んでいましたが、
この日ばかりはどうにもならず予約していたお店をキャンセル、
すこし気まずい雰囲気でスタートした2011年おおみそか。
d0178432_7434751.jpg
夕方の錦市場は閉店間際?と思われるほどすでに品薄!
(実際には19時半まででしたが品切れで閉めるお店もちらほら。)
それでもやはりすごい人混みに暮れの雰囲気むんむんです。

d0178432_8495646.jpgd0178432_20363724.jpg
お花屋さんには仏手柑(ぶっしゅかん)! (右手前)
一週間前に永観堂で見たばかりだったので♪ (左)

d0178432_7451446.jpg

おいしそう~とながめては一通り見てから選びたい私と
そんなこと言ってたら売り切れちゃうよといさぎよく「これください」と買っていく夫。

d0178432_7594912.jpg

おせちのお惣菜量り売り。どれもおいしそうであれもこれも..♪

d0178432_753073.jpg

削りたての鰹節袋は袋買い。数の子用にぱらっとふりかける用に。

d0178432_7454141.jpg
この日も人気の焼き栗やさん。
三木鶏卵のだし巻き卵は売り切れていました~残念。

d0178432_746418.jpg
             錦天満宮にお参り。

d0178432_7462423.jpg
日本酒選びは以前義母と旅をしたときに(想定外のお宿に動揺し
おいしいお酒でもないとやってられない!と買出しで)寄ったお店。
d0178432_7464733.jpg
日本酒は完全に夫任せ。
すっきりきりっと系をリクエストしたらお店の人一押しの滋賀のお酒に即決したようです。

これにてほぼ揃いました。
そう、なにをしようとしていたかというと。
元旦をおいしいお屠蘇とおせちで迎えようという魂胆!
そしてお正月はどこも閉まってしまう京都に数日籠もるための準備でした。

d0178432_20584742.jpg

宿に帰る前に両手いっぱい買い物袋を提げてもう一軒。
四条大橋を渡って..右手に見えてきました♪
by smughetto | 2012-01-21 21:30 | jalanjalan

なんの木?

実家に帰った翌朝、下に降りていくと、
「バーベル何kgまで持ち上げられる?」と父に聞かれました。
限界に挑戦したことはないけれど..結構自信はあるけれど?

この日は製材を手伝ってほしいとのこと。
そういえばお太師さんのお社つくりにたち合ったのも一年前のこの時期でした。

d0178432_13283112.jpg

工房(弓削)に移動し、車に積める長さにあらかじめ父が切っておいた木に
ご対面。こう見えて一つ100kg近くあります。腰には充分注意して、と。

d0178432_133123.jpg

実は一度製材やさんに持ち込んだそうなのですが断られてしまったよう
なのです。石や埃を木目の細部まで丁寧に取り除いていきました。

d0178432_13312194.jpg
よいしょ!ここで、この木の由来です。
『願興寺』というお寺が建て替えのため取り壊していると連絡をもらいました。
父が選んだのは、梁に使われていた大木。
木の種類を聞いてみましたが、お坊さんも「わからない。」
ただ、ここ願興寺は350年前に建てられたお寺なので、最低でも350年。
もしかしたら1000年以上前の木かもしれない!
というのも、宗堂桜で有名な『宗堂山妙泉寺(寛文6年廃寺)』の廃材も
使って建てられたのが願興寺だからです。

   *     *     *

さてさて、
今回新しく調べた西大寺の「ウッディヨネダ」さんへやってきました。
(大変お世話になりありがとうございました!)
d0178432_13322943.jpg

方向や厚さを指示して製材スタート。

d0178432_15382466.jpg

ものすごい木屑が舞ってます。こんな大きな機械をもってしても
なかなか刃が進まない様子に木の堅さが伝わってきます。

d0178432_1333452.jpg
d0178432_13333595.jpg

「なんの木かわかりますか?」製材してくださった方々に聞いてみましたが、
首をかしげてふむ。会長なら分かるはず!ということで。

一つ目の答え。「チベット檜。」
「そんな前から日本に入ってきてたんですか?」
念のため確認したところ「いや10年くらい前。」

(あれ?)木のいきさつを話すと、
会長さん、眼鏡をだしてきて鑑定団並みの本気モード。
息を飲むような空気の中、これは「梻(タモ) ですな。」

   *     *     *

その足で、建替え中の願興寺を私も見てみることに。
d0178432_1345592.jpg
d0178432_13352437.jpg
山をひとつ越えて人里離れた集落に佇むお寺でした。

ついでにもうひとつ。
d0178432_1337549.jpg
宗堂桜の妙泉寺跡に寄りました。
こうして一本の木に纏わる小ツアー終了!

そしてこの数日後,,背中が死にました。
さすがの私にも100kg仕事は効いたようです。
ちなみに梻(タモ)とは家具などに使われる木。
by smughetto | 2012-01-18 16:51 | 父の甲子園

CHEEES CAKES

すこし間が空いてしまいました。
甘いものでまずは手ならし!
d0178432_10421294.jpg
こちらは夫2011年末最後の出張で“今年もお疲れさま”のお土産でした。
テヅカヤマ?てっきり新大阪駅で選んでくれたのかと思いきや
品川から持ち帰ってくれたものでした。逆輸入?
d0178432_10425393.jpg
どきどき・・・
d0178432_10431182.jpg
『FORMA』 詳しくない私は初耳でした♪
d0178432_10441691.jpg
ほとんどチーズ!な濃厚具合。
説明の紙を見るとカマンベールやエメンタールなどの種類の中から
期間限定のものを選んでくれたようです。ごちそうさまでした☆

実はおなじ日、刺繍帰りに心斎橋大丸でやっていた北海道展に寄って
私もチーズのお菓子を買って帰っていました。(後日打ち明けました。)

d0178432_10483780.jpg
“おもっちーず。”
おもち*チーズなんて♪と思わず手に取りました。
よく言えば新食感、ひとつだけためしてあとは冷蔵庫の奥で眠っています。
(これが感想かな;)

『SNAFFLE'S(スナッフルス)』
d0178432_104672.jpg
d0178432_10462764.jpg
静岡で知ってから2人してファンになったチーズスフレ。やっぱりおいしー☆
もっと話題になってもいいんじゃないかな~と贔屓目で見ています。

これらを年末から年始にかけて
コーヒーを淹れてオコタでそして旅のお供に。
by smughetto | 2012-01-16 13:08 | 日々のこと

満を持して!集合写真

d0178432_20374095.jpg

ある日の週末。なんばのビックカメラ。
上の階のユザワヤ(生地や)さんへうま~く誘導できました。

      ◇   ◇   ◇   

昨年は父の作品展に明け暮れた年でした。
“あたまの中は作品展一色。” そんな状態の私に
素知らぬ顔で協力してくれていたのは,,夫であった!
父から義息子へ感謝のプレゼント。
夫の風景写真をずらーっと並べたらどうかしら♪という母の提案から
作品展後あらたに作られたのが大きさもデザインも様々なこちら。

d0178432_2024722.jpg

材は、額と台それぞれに、
唐木(からもく)、松、桑、楓、チークです。

d0178432_20372250.jpg

茶系の洋な感じがいいな!下に敷く生地は自分でえらびました☆
(写真はちょっとやらせです;)

d0178432_0281814.jpg

いざ、飾りたかった写真をいれてみました。お~


      ◇   ◇   ◇   

新年!満を持して!
d0178432_20272772.jpg

年が明けて二日目の出勤日。
いつもより少し早く家を出て両手に持ってわっせわっせ。

d0178432_0295217.jpg
d0178432_0301171.jpg

作品展直後に撮った志溢れる各営業所の集合写真。
こんな感じで無事セッティング!のご報告。ふふ~^^
by smughetto | 2012-01-07 16:09 | 父の甲子園

とんび

d0178432_16293385.jpg

9月もおわりのこと。
母の和裁教室にごあいさつに伺った帰りに父と母3人で立ち寄りました。

d0178432_16285117.jpg

この町並み。レトロ、というか寂れている、というか。
ガラーン。
d0178432_1628230.jpg

店先で水をやっているおじいちゃんに話しかけてみました。
特に興味ないといった様子で“ここであってる”と。

d0178432_16301467.jpg
d0178432_16295638.jpg
NHKドラマ「とんび」のロケ現場。
一週間前までこの路地で撮影が行われていたようです。
その賑わいを知るすべはこの写真でのみ。

ちなみにここ西大寺は
「ALWAYS3丁目の夕日」のロケ地でもあります。

NHK土曜ドラマスペシャル「とんび」
放送はあさって1月7日(土)と1月14日(土)21時~。

「ALWAYS3丁目の夕日」もまだ見てないけれど
これは見てみようかな!
コタツでお煎餅でもほおばりながら。

ちなみに西大寺は裸祭りでも有名なんですよ。
極寒の暗闇を練り歩く汗も滴るふんどし姿の裸衆。
by smughetto | 2012-01-05 23:16 | jalanjalan
d0178432_16373822.jpg

                   本年もよろしくお願い致します。


年末年始は勝手ながら夫婦水入らずで過ごしました。
きのう大阪に帰ってきて夕方、年始の閑散としたスーパーに買い出し。
ほしかったのはお飾り用の葉っぱ付きミニみかん。
年末には店頭に沢山並んでいた気がしたのですが普通サイズしか見あたらず・・・

d0178432_16395998.jpg

ちょっと可笑しなバランスになりました?
かろうじて葉っぱ付き?


「お鏡餅を飾って年神様をお迎えしましょう。」
12月31日の朝岡山から届いたつきたてのお餅です。
d0178432_2319122.jpg


今朝はうちで初めてのお正月料理を食べました。
d0178432_14583455.jpg

夫のリクエストで、夫の実家のお雑煮です。(鶏)
お餅の焦げ焦げはご愛嬌!(朝からお餅に火がつきました。)
お出汁は鶏ガラをぐつぐつ煮込んだものと柳原流昆布とカツオでとりました。

d0178432_1532532.jpg

お餅と一緒に送られてきた採れたて冬野菜。
具にはその大根を5ミリ厚さに切り下に敷き、茹でた里芋、小松菜、
柚子の皮は冬至のとき削っておいたもの。

d0178432_1532794.jpg

義母からコピーしていただいた義母手書きのレシピを見て。(鴨)
夫のわくわくぶりを感じるにつけ忠実に再現すべく...!
1杯目は鶏、2杯目からは鴨、というのも夫の実家の風習です。

たしか夫の実家に初めてお邪魔したのが岡山に帰省した帰りの年始で
そのときいただいたのがこのお雑煮でした。
おすましに牡蠣、ほうれん草、茹で餅を入れるうちの実家のお雑煮とは
またちがったボリュームのある一椀に緊張しながらも感動したもの♪

さて、今日は夫が明日の準備をしたり私も久しぶりにパソコンを開いたりで
冬休みも終わりだなぁという雰囲気です。今年もまたはじまります。
by smughetto | 2012-01-03 19:18 | 日々のこと