人気ブログランキング |

大阪での生活も板についてきました。ますます忙しい旦那をもつお気楽主婦の徒然日記。旦那との思い出帳、たま~に着物。お気に召すままに。夫婦の写真をアトランダムに盛り込んでます。


by smughetto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

京都の蒸しやさん。

刺繍の先生が嘆いていました。

「途方に暮れてるんですよ。」

京都のきもの業界で大変な事態が起きてしまった。
一ヶ月前の突然の知らせ。
ある会社が3代目にして辞めてしまうことに。

そうゆうことなので現場を見ておいてほしい、と
急遽アレンジしてくださいました。
大阪教室から3名、東京から2名の緊急参加。

  **  **  **  
8月30日火曜日。
廃業2日前。

油小路通に面する家屋の奥には外からは想像もつかない
作業風景が広がっていました。

【蒸し】の現場
d0178432_1319119.jpg

d0178432_13164175.jpg
反物を木枠に吊るした状態。
d0178432_1316588.jpg

蒸しあがりのブザー音で扉を開くとすごい蒸気。
“蒸箱”が取り出されます。できたてホカホカ。

d0178432_1316653.jpgd0178432_13171983.jpg


【化学精洗】の現場
d0178432_16352443.jpg

有機溶剤で糊や蝋を落とします。
落ちるのが見えやすいものを選んで実演してくださいました。

d0178432_16433914.jpg
                       白い筒からは最低限の冷たいの空気。

お湯につけると糊が浮かびあがり、
さらに刷毛でまんべんなくこすり落としていきます。

d0178432_20393295.jpg

機械を経由して乾燥されて出てきます。


d0178432_20355938.jpgd0178432_16502712.jpg

ギーギギッ..バッタン!ゴットン! うっっ..がんばれ!
ぎこちないのに結果絶妙な動きをしている年季の入った機械。

d0178432_20474457.jpg

ドライクリーニングのような役割。
生地を柔らかくする貴重な機械。



【水元】の現場
d0178432_1553233.jpg

川にみたてた井戸水が流れていました。
地下200メートルからくみ上げているそうです。

d0178432_13141371.jpg

「友禅流し」の技法。

d0178432_13132759.jpg

流れるプールのような水流の中、じゃばじゃばと手洗い。
長靴姿で時にお尻をつけて水まみれで作業。
独特のアンモニア臭が漂っていました。

d0178432_1315134.jpg


【干し】
d0178432_16145267.jpg
高い天井。

洗浄した反物が2階に上がってきて
d0178432_16154395.jpg

一枚一枚干していきます。
d0178432_1617464.jpg

扇風機の首を動かし風をあてていました。
d0178432_16282394.jpg


【検品】

下から光をあて3人掛かりで何度も念入りに。

d0178432_16142673.jpg


  **  **  **  

最低限の蛍光灯と外からの光だけの薄暗い中、
各々が黙々と自らのしごとをこなす、
人の声のしない、現場でした。

機械の音。水の流れる音。小さく流れるJAZZ。

この道何十年というベテランさんから若者まで、
それぞれの持ち場で、淡々と、

最後のしごとを噛みしめながらこなしているような

いや、もっと複雑なものか。


伝統的なものがなくなることを考えました。

d0178432_1320414.jpg

d0178432_13204076.jpg
                            (辻本さんに伺いました。)
by smughetto | 2011-08-31 23:05 | 趣味・きもの

〆はおいしい魚で

最終日の金沢では居酒屋に行く!
おいしい魚をいっぱい食べる!と決めていました。

といっても、特にお店は決めていなくて、
ホテルに戻ってきて、お薦めをおしえてもらいました。
電話をするとすでに満席、空き次第連絡がくることになっていました。

シャワーを浴びてすっきりしたら

最上階のBar“夜間飛行”でウェルカムドリンク☆

d0178432_10313112.jpgd0178432_1084094.jpg
ギムレットとホーセズネック。
金沢の夜景も生のピアノ演奏も無意味に思えるほど2人とも疲れていました。
そして、21時過ぎても音沙汰なし。
もしかしたら、最終日はコンビニ?
いろいろおつまみ買って持参した手付かずの赤ワインで乾杯。
またそれもありかな?と心の準備をしかけた頃、

          ♪♪♪

『くろ屋』
地魚と地酒のお店。ここが大正解!
食材はもちろん、カウンター席の向こうで若き職人さんが腕を振るう、
地元でも人気のお店なのでした。


d0178432_10103178.jpg
旬のお造り盛り合わせ。
新鮮で怖いくらいの脂の乗りよう。
‘ガンド’という呼び方も北陸ならではですね。

「せっかくなので、石川県の地酒をください。」旦
d0178432_10114374.jpg
奥から一升瓶を出してきてくれました。『加賀鷹』


梅酒も豊富♪
d0178432_10301016.jpg


岩牡蠣。
d0178432_1012811.jpg
一口で先に食べた旦那。小声で「あっこれ、やめたほうがいい。」
ちょっとちょっと目の前で黙々働いている職人さんに聞こえちゃうよー。
大慌てでしーっ。とジェスチャーした瞬間、罠だと気づきました。
...食べさせたくないくらいおいしかったのですね。


白海老の唐揚げ
d0178432_10125597.jpg


お店名物ビーフシチュー。
d0178432_10162531.jpg
能登牛とほくほく加賀野菜がゴロゴロ。


玄米コロッケ。
d0178432_10282116.jpg
これが絶品!粗塩と山葵が合います。


蟹味噌グラタン。
d0178432_10183594.jpg
ほんのり漂う磯の香り...。



d0178432_1726324.jpgd0178432_10262213.jpg


そろそろ〆かなという頃。

地元のお客さんから相次いで注文を受けて
手際よく焼かれる職人技のだし巻きに目がいきました。じー。
d0178432_10193464.jpg
d0178432_10195899.jpg
チーズだし巻き☆


へしこのおむすびで〆!
d0178432_1020542.jpg


若女将から。
加賀棒茶のチーズケーキ。
d0178432_10221455.jpg


近所にあったらしあわせ過ぎる
ボトルキープして通いたい、そんなお店でした。

こんな感じで念願かなって、
旅の締めくくりとなりました。

  **  **  **  

翌日は緊張のUターンラッシュ真っ只中のドライブ。
ラッキーにも一度も渋滞にあわず、
うちまで3時間で帰ってこられました。

また戻ってきます、北陸。
by smughetto | 2011-08-28 09:53 | jalanjalan

金沢。見どころいっぱい

この2日間どこへ行ってもひたすらのどかな風景だったので、
金沢に入ると、都会に感じます。

朝から降ったりやんだりだった雨もあがり強い太陽の中、
ホテルから借りた大きな傘2本を持て余し、近江市場へ向かいました。
しかし!おめあての海鮮丼のお店はどこも行列。
時計を見るとまだなにもしていないのに15時近く!ひゃぁ~
手っ取り早く金沢カレーのカレーチャンピオンという
この状況でベストな選択☆10分くらいで食べて、

さっ出発♪
d0178432_14483724.jpg
d0178432_14435095.jpgd0178432_1543176.jpg
d0178432_15582683.jpgd0178432_14505876.jpg
尾山神社。
半年前の雪積もる頃、お兄さんと歩いたコースだそうです。


旧制四校。
d0178432_15122414.jpg

d0178432_1513205.jpgd0178432_14551754.jpg

d0178432_14564242.jpg
d0178432_14532421.jpg
ルーツを辿るⅲ。
ここで青春時代を過ごしたご先祖さま。旦那の今。
いろいろな想いをめぐらせ、特に旦那は感慨深そうに。
ゆっくり一部屋ずつ、見てまわりました。


兼六園。
d0178432_1504380.jpg
d0178432_16283141.jpg
d0178432_150774.jpg
閉園時間まであまり時間がありませんでしたが、
だいたい見れたかな。雰囲気は伝わった!


21世紀美術館は今回は無理だなぁ
時間が足りないなぁ


夕暮れの中、
武家屋敷を歩いて、
d0178432_232031.jpg
ホテルまでの道のり、
すっかり夜になりました。
つかれたーーー
by smughetto | 2011-08-27 11:34 | jalanjalan

福井⇔石川

夕方、山中温泉に到着しました。

ムダなゴージャス感や女将の慣れ慣れし感がないことに
ほっとする(笑)。なんと言っても好立地!
窓を開けると目の前にはデンと山、見下ろすと渓谷。
空気がおいしい!開放的☆

恒例の温泉街探索。
溶け気味のバニラソフトをサービスされ旦那さん上機嫌♪
きのうのようなクールなバーはなかったけれど、
輪島塗のお土産やさんをのぞいて

“鶴仙渓”へ。山道を下って

こおろぎ橋を渡って下って登って下って...

d0178432_1038162.jpg

この旅、なんだかひたすら汗だくで歩いてるんですねぇ
北陸で涼やかにのんびりまったり温泉で癒されるんじゃなかったっけ!?

あやとり橋が見えてきました。
橋はこっちだというのに、なぜか反対方向に進む旦那さん。

「おーい。こっちだよ~」

「分かってる!」
d0178432_10385363.jpg


(タッタッタッ)「やばいよ。橋の隙間から下が見えるよ。」

ハハ~ン偵察してたのか。(ニヤッ)

d0178432_11334375.jpg

d0178432_1132484.jpg

緊張した背中で渡り切った!脇目も振らず!

  **  **  **  
d0178432_23425850.jpg


蝉の鳴く緑いっぱいの露天風呂で汗を流して、
違う階の居酒屋で合流。
すでに一杯目終了直前?ジョッキで乾杯。
一日よく歩いたから尚更旨い!
白海老の天ぷらをおつまみに。プハ~
そうこうしているうちに晩ご飯の時間で移動。
日本海のお刺身も加賀野菜もどれもおいしかったです。



d0178432_0295498.jpg
カランコロンと(下駄の音)夏祭りに繰り出す..♪
白山神社の盆踊りも終わりくじびきもハズしたけれど、
お祭気分を味わいました☆


d0178432_11462248.jpg


窓の外には吸い込まれそうな漆黒の山。ぞぞ~っ。
渓谷を流れる川の音を聞きながら月明かりの中、
あっと言う間に眠りました。

明日は金沢です。
by smughetto | 2011-08-24 08:31 | jalanjalan

永平寺

山代温泉をチェックアウトしたら、
なんだかんだでわかれを惜しみながら、
越前の国、永平寺。ルーツをたどるⅡ。
d0178432_16185276.jpg

d0178432_16211260.jpg
d0178432_1332418.jpg
d0178432_15145125.jpg
d0178432_15151065.jpg
d0178432_16253080.jpg
d0178432_1534282.jpg
d0178432_10384942.jpg
d0178432_1048622.jpg
d0178432_10464863.jpg
d0178432_10492113.jpg
山門・仏殿・僧堂・庫院・東司・浴室・法堂...
多分3時間は魅入っていました。

山に囲まれたここは、涼しいかと思いきやものすごい湿気で汗が流れました。
でも、この季節には実感できない修行の厳しさが真冬にはあるのでしょうね。
想像しただけで..ぶるぶるっ
外にさらされた廻廊をはだしで散々歩いていたのに、
足の裏が黒くなっていませんでした。
修行の厳しさをそんなところからも知りました。

旦那にとってはずっと来たかった念願の永平寺だったようです。
気持ちが洗われたようなすっきりしたような。

外に出てくると既に14時半。
永平寺名物胡麻豆腐をお土産に探し当てた頃、
2人ともおなかがぎゅりぎゅり~
d0178432_172415100.jpg
山と田んぼと杉の木の中にたたずむ永平寺そばのお店で。
福井名物?ソースカツ丼とお蕎麦のセット☆
カツ専門の旦那が黙っていたので代わりにおいしーを連呼してみました。

山深い道を通って
d0178432_17283116.jpg

山中温泉へ向かってます!
by smughetto | 2011-08-22 17:55 | jalanjalan
朝6時発。BOOWYのドリーミンで始まる。
ほぼ徹夜の頭にジンジン響く。

電車と迷った結果、渋滞覚悟で車に決めました。
こうゆうGWとかお盆休みとかのいかにも渋滞する!って時に
あえて車で移動するのは私たちにとって初めての経験。

「ところで今回の旅のこと、なにも調べてないでしょ。」

え・・?(汗)

「さてはやる気ないでしょ。」

ばっばれてる。

ま、国内だしなんとかなるかな..なんて。
旦那の方が詳しそうだし..。

海外旅行だと俄然張り切るんだけど..!

そんな心積もりでいたもんだから、
一週間切ってもまだ宿が決まってなかった。
予想はしていたけれど、お盆休み中、どこもいっぱい。
旅を楽しみに帰ってくるね!と言い残し香港へと発たれ、責任重大。

それぞれの日付で唯一残っていた旅館&ラスト一部屋をなんとか確保。
これでとりあえず行ける!

  **  **  **  

そんな感じで始まった北陸の旅。
事故渋滞などを切り抜け6時間。
ルーツを求めてⅠ。
福井県、敦賀にて。いつか見せたいと言われていた。
それはのどかな田んぼと青空の中にたたずんでいました。
車でぐるっと回りその光景を目に焼き付けました。

  **  **  **  

気比神社と気比の松原は遠目にさらっと流し、

金ヶ崎城跡へ。

「ここの歴史知ってる?」
「知らない。」
「知りたい?うぅ~むずかしいんだなぁどこから説明するかなっ!」
(うゎぁぁ長くなりそう←こころの声。)

汗だくになりながら急な山道を登っていき、
‘月見御殿’到着!
d0178432_10394173.jpg
              やっほー♪(「えいどりあ~ん。」ロッキーをイメージ。)

景色を見渡すと、
d0178432_1036671.jpg

「能代丸だ!」
d0178432_10402640.jpg
旦那が新入社員の頃、初めてオペレーションをした想いいれの船。
こんなところで再会できました。
ここで待っててくれたのか能代丸~!

魚市場で海鮮丼を食べて、
鯖寿司(味噌)を夜のおつまみに買って、

本日のお宿、山代温泉へ。

カーナビではそろそろ到着なんだけど、
どう見ても寂れた町並み。あやし~。
煌びやかなシャンデリアの社交ダンスホールがパンフレットに載っていて
かなり警戒していたので、明るく広い部屋に通されてほっ。
でも旅館内にフィリピンパブがあるって・・不思議な旅館☆

さっそく、温泉街に繰り出す。
旅館からすぐのところにこの場にそぐわない一軒のバーが♪

d0178432_10413450.jpgd0178432_10415418.jpg
晩ご飯前に1杯?2杯?
大きな金庫部屋があって、銀行を改装して造られたと判明。
また、ギネスの泡だて器(サージャーというらしい)なるものを知りました。
缶からグラスに普通に注いで台の上においたらボタンひとつで超音波を
ビーっと流すと一瞬できめ細かい泡ができてびっくり。うちにもほしい~

バーテンさんの話。
「こう見えてこの山代温泉が石川県付近で1番人気・集客率なんですよ。」
思わず「えーー本当に?!?!」
失礼と存知ながら、でもどうみても、この閑散とした寂れぶり!
人っ子ひとり歩いていなくて、
このバーも温泉街もまるごと!貸し切り状態♪

旅館はやっぱり微妙でしたが(笑)


d0178432_10434142.jpg
(今日したこと・明日以降の予定を書き出していました。*私の字ではありません!)

山代温泉、けっこう楽しみました。
by smughetto | 2011-08-19 14:21 | jalanjalan

香港出張中。

今週は月曜日から香港出張の旦那さま。
ランチに夜飲みビアガーデン..☆
お友達に声を掛けてみようかな~と毎日もくろんでは
暑さと先週からのギックリ背中で結局家で静かに過ごしました。

そんな中以前から決まっていた、プチ同窓会ランチ。
同窓会といっても、昨年3ヶ月だけ一緒に働いたメンバー。
こうゆうのって仕切ってくれる人がいるからこそ成り立つ会ですよね。
ほぼ全員7名、私は打ち上げ以来の参加となりました。

カフェ・トゥレジュール。堂島。

d0178432_1935597.jpgd0178432_19343249.jpgd0178432_19353884.jpgd0178432_19573372.jpg

うわさには聞いていたけれど、ここのウニトマトソースパスタ!
超濃厚ソースにパスタが埋もれてウニがごろごろ。
見た目、坦々麺?
けしてお洒落ではないけれど(倉庫っぽい..カジュアルな感じ)
一見の価値ありでした☆

帰り道、おもしろい晩ご飯はないかなと阪神百貨店に寄ったところ、
いきなりワインコーナーに遭遇してしまいました。
しかもちょうどフェアみたいなのがされていて試飲しまくり♪
珍しいところで東欧のモルドバ共和国の甘口赤ワインとか、
テュヌヴァンが遊び心で作ったというbad boy。ほかにも諸々・・。
来週火曜日までされているそうですよ☆

その夜。

スーツケースをがらがら引いて帰ってきました。

「そうそう。こないだ中国で衝突事故のあった高速鉄道に乗ったよ~。」
和階号。
d0178432_17155761.jpg
へ~埋もれてなかった?

...ってなぬ~!!!

しかも中国行くなんて聞いてなかったし。

ま、無事だったからいっか。


d0178432_16341160.jpgd0178432_16361992.jpgd0178432_16372324.jpgサプライズ♪
ロキシタンのハンドクリームとチョコレート☆

明日からお盆休みの皆さん、
よい夏休みをお過ごしください☆
by smughetto | 2011-08-12 17:58 | 日々のこと

夜のエノテカ

家に帰ってランチの話をしたら、

明日行こう!と乗ってきた♪

土曜日京都で会社のプレゼン後
会社のひとと1,2杯飲んできた旦那とお店で待ち合わせ。
d0178432_19462218.jpg


d0178432_22202446.jpgd0178432_22205086.jpg
どれも超ミニサイズ!
ブルーチーズのポルト酒漬け。
豆腐よう並みの濃厚さ。無花果・杏・レーズンと。
これを食べてワインを飲むときんきんしていたワインがいきなりまろやかに。
じゃがいもと肉味噌グラタン。人気のビーフシチューもおいしかったです。

ふとガラス越しに外を見ると、
ビルの間に花火が上がっていました!

d0178432_2352861.jpgd0178432_16472151.jpg

淀川花火!!!

サクっとお店を出て
d0178432_22374720.jpg
d0178432_22373289.jpg

思いがけないラッキー!
今年初めての花火☆
by smughetto | 2011-08-10 17:12 | jalanjalan
連日の猛暑でeikoさんから嬉しいお誘い。
ビールかスパークリング飲みにいきましょー。

d0178432_1451488.jpg
エノテカ
梅田ハービスPLAZA2階の奥まったところにあります。
こちらのお店、ショップで選んだワインを奥のカフェで飲めるんです。
平日はオープンから17時まで持込み料がかからないなんて素晴らしい!
(夜と休日は1000円/1本。)


d0178432_1458781.jpgd0178432_1716740.jpgd0178432_174224.jpgd0178432_15111954.jpg

ランチはピザやサンドイッチにサラダ・バゲット・ドリンク(グラスワインも)
がついてます。ビーフシチューがお薦めという中、ラザニアにしました。

今日は大阪に来て一ヶ月のchuraさん参加で一層盛り上がりました。
mikiちゃんはあんまり飲めないと言っていた気がして心配してたんだけど、
いい感じのペースでついてきて「女の子ってあんまり飲めないのって言う
くらいが可愛いじゃない?」ってそういうこと?笑

南フランスのスパークリングに続き
オーストラリアのソーヴィニヨンブラン。
ランチについているグラスワインも飲んで
そろそろお開きかな?っと思っていたら、
eikoさんが「私、もう一杯飲もうかな。」

それならと、もう一本。

けっこうみんないけるのね!
感心&うれしくなっちゃいます。

先ほどから豪快なペースでボトルを追加する隣のテーブルのふたり組み。
コンタクトをしてなかったのでぼんやりした世界で
「(料理家の)コウケンテツさんじゃない?」
なんとなく言ってみた。
こっからはもうみんなちらちら(笑)
d0178432_15555049.jpg
かなり怪しい私たち。
どうする?誰が声かける?!ザワザワ。

するとchuraさん、何の前触れもなく
肩をぽんぽん。

d0178432_15575993.jpg

お兄さんとご本人、おふたりともものすごく感じがよくて、
ニコニコお辞儀をして「弟をよろしくお願いします。」
お料理好きのchuraさん、よかったね♪
私は..騒いだわりにはそこまでファンではなかったかもしれない..
でもでも本当に感じがよかったのでこれから応援いたします!

こんなたのしいハプニングあり、

気づいたら女性で満席だったのが会社帰りのサラリーマン客層に。
お店のライトもついて夜モード。

毎回集合場所にしたいくらい
すっかり気に入ってしまったエノテカカフェでした。
by smughetto | 2011-08-08 19:31 | jalanjalan

伊万里焼@阪神百貨店 

京刺繍下司先生の伝統工芸師仲間、青木妙子さん。

佐賀からはるばる来られて、
8月3日(水)から梅田の阪神百貨店で出展されています。

大阪での出展は初めてということで下司先生から連絡をいただき、
友人とのランチ前に寄らせてもらいました。

沢山の陶芸コーナーの中から青木妙子さんを見つけ出しご挨拶をすると、
端からひとつひとつ丁寧に説明をしてくださいました。
d0178432_1420185.jpg
伊万里鍋島焼きの特徴や制作方法、色のつけ方、焼き方、青磁の元になる石。
慌ててペンとメモを取り出したくなるくらい、情報満載です。
作業工程や職人さんの想い、お人柄を知ると、
今まで漠然と見ていたものの見方が変わりますね。
d0178432_14204733.jpg
地元では風鈴まつりというものがあるそうです。
すかし柄、絵付け..ひとつひとつちがいます。
同じ形でも、青磁か白磁かで、音色がちがうそうです。
d0178432_1422060.jpg
このお皿にはアイスクリーム、これには寒天、チョコレートケーキも合うのよ、
なんてお話を聞き、まん丸まっ白なバニラビーンズの効いたアイスを想像し、
みつ豆もこのお皿で食べてみたいななどとイメージを膨らませました。
d0178432_14222988.jpg
今の時代に合わせて新しい試み、化粧水瓶。香水やアロマにも。
スプレー部分を探すのにひと苦労。ぴったり閉まるように焼くのも職人技。

ろくろ職人の息子さんの提案で今の生活様式に似合うよう、
カップやお皿に銀のラインを入れてみたというお洒落な作品や、
喫茶店をされているお料理上手の娘さんから「こんな食器を作って。」
と提案されたり、娘さんの大好きなクローバーをモチーフとしたお皿など。
ご家族のそんなお話も楽しく聞かせていただきました。

私は最初に見たときからこれをいただこうと決めていました。
風鈴です。
私が選ぶとどうしても地味でシンプルなものになってしまうので、
(銅型で竹の模様が描かれたものに一目惚れしたのですが、)
青木さんに伊万里鍋島焼きらしいおすすめを聞いてみました。
すると、こんなに可愛らしいものを選んでくださいました。
d0178432_14351644.jpg

青磁のトンボのすかし模様。
正面と裏面でトンボが上と下を向きます。
d0178432_1435563.jpg

うちには風鈴の似合う風流なスペースがないのですが、
窓辺に飾ってみると風に激しく揺れて
なんともいえない懐かしくて涼しい音がしました。
d0178432_14354883.jpg

おまけでつけてくださった袋を帰って開けてみると
こんな綺麗な青磁のお皿が出てきました。
d0178432_14411772.jpg
末永く大切に使わせていただきますね!

d0178432_16535468.jpg
伝統工芸師青木妙子さん
虎仙窯

あさっての8月8日月曜日まで、
梅田阪神百貨店8階催事場で開催されています。

お時間ありましたら、ぜひお出かけください☆

by smughetto | 2011-08-06 16:37 | jalanjalan