人気ブログランキング |

大阪での生活も板についてきました。ますます忙しい旦那をもつお気楽主婦の徒然日記。旦那との思い出帳、たま~に着物。お気に召すままに。夫婦の写真をアトランダムに盛り込んでます。


by smughetto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:刺繍( 10 )

贈りもの☆

d0178432_7104127.jpg
2010年10月義母と夫と秋の京都旅。
ひとしほさんのアトリエに寄りました。
じつはこちらのブログで紹介させていただいて
いた着物、義母からの贈りものだったのです ^^

義母は夫が生まれたときから友禅を趣味としていたよう
なのですがこの度私のために一肌ぬいでくれるとのこと♪

ひとしほさんに白生地を探してもらうところから
始まりました。その後は私の知らないところで、

図案の制作、青花付け、挿し友禅は義母がすべて。
糊糸目、地入れ、蒸し、伏せ糊・地染、水洗い、
湯のしなどの工程はひとしほさんにお世話になり。

東京と京都を生地が行ったり来たり
しながら進められていったようです ^^

そして昨年の10月。
d0178432_10351098.jpg
夫の実家に帰ったとき、できあがり間近のものを
生地をあわせて見せてくださいました。
私の知らないうちにこんなに!感激でした。

昨年の12月。
「仕上げに刺繍を施してもらって完成。」と聞いた私、
「刺繍の部分を任せてもらえませんか?」
と尋ねました。(我ながらすごい勇気 汗)
ともするとここまで綺麗に仕上げてくださったものが
台無しになってしまうかもしれないのに..
義母はこころよく快諾してくれました♪
「2人の合作ということで!」

すぐに家に生地が届いて
私の刺繍作業がはじまったのです。


あれから一年。
ちょうど昨日ひとしほさんから
仕上がりの連絡がありました。
私が見かけるのは少し先になりそうですが
うわ~いよいよ。楽しみです。
by smughetto | 2012-12-21 12:29 | 刺繍

西賀茂チーズ

d0178432_012178.jpg
d0178432_659968.jpg
以前刺繍の先生からいただいたお菓子です。
パティスリーカランのチーズスフレ。
地元で人気なんですって☆
あっさりとした上品なお味でおいしくいただきました。
舟形の包装が京都らしくてかわいいです。

   :::

おとといは今年最後の稽古日でした。
昨年のこの時期になにを刺繍していたかを思い出すと、
一年の経つのが早いこと!こわいですね~

今年はこの作業に心からほっとすることがありました。
人とおしゃべりをして元気になるのとはまたちがって
無心になることの心地のよさを感じました。
黙々と針を刺していると気分が落ち着いて
わくわくして稽古の日は帰ってからも興奮気味です。

以前先生のお話で、
“色にはパワーがある”というものがありました。
色の世界。
また絹糸に触れるというのもなにかあるのかな。
自然の力に触れつつ熱血先生から貴重なことを
毎度学べて充実の時間でした。


今年も残すところあと10日あまり。
忘れないうちにノートや宿題をしつつ、
年を越す準備をなんとなく進めていきたいと思います ^^
まずは年賀状かな。
by smughetto | 2012-12-20 12:06 | 刺繍

友禅*刺繍

d0178432_14494059.jpg

昨年の10月に夫の実家に帰ったとき。
義母が「そろそろ出来上がるわよ♪」と広げて
見せてくださったもの。ん?どこかで見た柄☆

   :::

私がこちらをあずかったのが
昨年の12月。(もう一年前!)
年末の慌しい雰囲気の中、
先生の指導の元ドタバタと始まりました。

d0178432_1873960.jpg
まずは前おくみから。初めて台に生地を張る作業。
d0178432_17375993.jpg
刺繍をするところに糸で印をつけました。
先生一瞬考えて、「はい!ここと、ここと、ここ!」
この作業(どこに刺繍をするか考える)を専門とする人もいるそうです。
d0178432_17444890.jpg
梅のにほい。
d0178432_17385549.jpg
一作品目で習った技を思い出しながら~。


‘胡粉(ごふん)’という、貝をすって細かくしたものが
塗られているので、針を刺すのが堅くて針穴が大きく
開いてしまいます。やり直しは禁物。へたをすると
そこから生地がぴーっと裂けてしまうそうなのです。
うー緊張するー。


2月には、松のところをしました。
d0178432_18241358.jpg
d0178432_18251471.jpg
こんな感じです。
この部分を職人用語で「松の翠(みどり)」というそうです。
日本舞踊の歌や京都のお酒でもこの名前があるようです。


3月には紅葉。
d0178432_18365146.jpg
これらの色を使って。
d0178432_18392321.jpg
貴重な先生のお手本。
d0178432_190671.jpg
なんとか♪
色を混ぜてぼかしたつもり。


ひとつの箇所を終えると生地を張り替えて
次の箇所へ。かなりのスローペース。


夏には渦をしました。
d0178432_1955088.jpg

d0178432_1975722.jpg


ここもしておきましょうね♪
d0178432_23274281.jpg


この着物の刺繍で、
メインは“駒づかい”とのことなのですが、
私には難しい技ということで、
先生におあずけしました。
d0178432_23411892.jpg
d0178432_23423549.jpg
きりっと引き締りました。
なんと金糸には純金が使われているそうなんです。

そして今は、ひとしほさんに
お仕立てをお願いしています。

ひとしほさん一目見て、
「駒づかいも自分で?」
「いえいえ!」
裏を見ればプロのしごとかどうかが一目瞭然なんだそうです。


と、こんな流れで進めました ^^
by smughetto | 2012-12-12 01:25 | 刺繍

帯の模様

昨日も夜中の2時間ドライブをしました。
これでバッテリー充電は完璧と思いたい ^^

   ◇     ◇     ◇

昨日は刺繍のお稽古で
ちょっとうれしいことがありました。
なかなか決まらなかった次のデザインが決まったのです♪

「次は帯に挑戦」までは決まっていたのですが、
なかなか模様に了解が得られず前に進めずにいました。

‘ある花’を先生に切り出したところ、

あなたの技量では少し無理のように思います。
出来映えを考えるとお薦めしません。
初心者でもなんとか格好よく見える模様を考えないとね!

とのこと。残念。
いつの日かできるのを夢見ることにします。


気を取り直して
次に思いついたのが、星の王子様☆

夫に話したら、
「おもしろいんじゃない?」と好感触♪

うちにある手帳やポストカード、
ネットの画像をひっぱり出して、
d0178432_1259732.jpg
どの絵が好きか夫にも相談してみました。

「星の王子様といえばあの場面なんだよ~。
キツネと遭遇するあそこが感動するんだよ~。」

ノリノリで(笑)
名場面を探してくれました。

そして決まったのが、こちら。
d0178432_12521030.jpg
これで決定!
うしろ太鼓にします♪


やる気満々で先生に見ていただいたところ、

「むりむりむり!ゼッタイムリ!もうあなたには参るわ..!」

シュン。。

でも、理由は納得です!

きっと無謀なことを言っているんだろう自分を反省しつつ、
一体いつになったら帯に取りかかれるんだろう、
もしかして私には帯はまだ早いのかな、と思ってきたりしていました。

  ・   ・   ・   

先日実家に帰ったとき、
母と『美しいキモノ秋号』をぺらぺらめくりながら
好みの着物や帯を指差しあったりしていて、

いきつきました!

「どんな帯を着けたい」というよりも、
「たくさんの色を使っていろんな刺繍の技法を学べる模様」をしてみたら?


そこで、最後の無謀なカケ。笑
これがダメなら私のレベルに見合う見本を先生に見せていただこうと。
d0178432_12531940.jpg
右上の着物デス。
どきどきの答えは?
「あなたにはきびしいものがあるけれど,,」OKでました!!!(♪)
d0178432_1253164.jpg
高野山・金剛峯寺蔵
薔薇に反橋文様刺繍水干 室町時代


いろいろなアドバイスで
一歩踏みだせました♪
by smughetto | 2012-09-19 14:35 | 刺繍

できた・・♪

はーできました。刺繍台バッグ。

恒例のOちゃんアンジュランチ後に画材やさんと生地やさん
(キャンバスバッグとおなじ要領なのです。)に付き合ってもらって
d0178432_0461727.jpg
Oちゃん曰く、″都会的″なイメージを目指す!↑ 笑
d0178432_047588.jpg
お茶をしながら、
d0178432_9372989.jpg
生地巾から算出して紙ナプキンに書き出してくれて、
d0178432_0472675.jpg
底の簡単な作り方をおしえてもらって、

あとは家で縫うだけ!
期限付きで約束しました。

ミシンの初歩の段階でつまずいて
キャンバスバッグを買った方が早かったなぁなんてよぎりそうになりながら(!)
なんとかできました~ ふぅっ
d0178432_9301364.jpg
刺繍台もばっちり入りました♪
と思って今写真を撮りながら気づいたのですが..
d0178432_931647.jpg
紐のつけ方がへーん!!
なんでこんな風にした?我ながら笑ってしまいました。

なんかヨレヨレしているし都会的とは程遠い感じですが、
まっ!今回は入ればいいということで♪

これで晴れて教室と家を自由に持ち運びできるようになりました ^^
by smughetto | 2012-07-15 09:59 | 刺繍

うず

ひとつの箇所が終わると、
d0178432_844585.jpg
次はどこに入れましょうねぇと先生が考えてくれます。

決まったら、台張り(生地を台に張ります)です!
これが難関で、まだまだ先生に手伝ってもらわないとできません。


そしてこの日は♪
あたらしいことを教えてもらいました。
d0178432_8452432.jpg
菊のにほいの部分にうずを入れることになりました。

d0178432_10224679.jpg
使うのはこの糸。
(たしか駒糸と言ったような..また確認したいと思います。)
この金糸、特殊な撚り(より)がほどこされています。
これに関しては自分では撚れないので先生が準備してきてくれました。

d0178432_845379.jpg
まずは先生のお手本をじーーーっと見て、
初めてのときは理解できるか一瞬不安がよぎります。

d0178432_845548.jpg

で、よくわからないまま真似してみます。
やってみて初めて、なるほどー!
要は、うずを巻くように、糸(3本3本の撚り糸)で留めていくのでした。

d0178432_8462384.jpg

このたび初おめみえ、ひきおとし針を作りました。
これを使って金糸の最初と最後を処理します。
金糸のはしっこをこの糸の輪っかにひっかけて
下からくるくるくるくる・・・糸がすとんと落ちました。手品みたいでした!

d0178432_1130280.jpg
ひとつ完成!

イエーイ!
by smughetto | 2012-07-05 12:11 | 刺繍

主役は友禅

おとといのお稽古では、
d0178432_8442790.jpg
胸の部分の梅の、残りひとつを完成させました。

d0178432_10285234.jpg

よーく見ると(見ないで!)
梅のにほいを幾つかしています。

あくまで、「友禅が主役。」なので、
刺繍はせいぜいいれすぎないように、友禅をひきたてるように、がテーマです。


仕上げに、糊を中指にうすくとって、裏にさっとつけます。
これでもか!とかたく絞ったぬれ布巾でさっと拭いたら(裏ぶき)、
d0178432_10481414.jpg
紙を一枚あててアイロン‘高’を短時間であたため表にさっとかけます。
左手のひらを裏にあて熱さをチェックしながら。
(自分の手のひらにアイロンをかけるように。)

乾いたらこの箇所は完成です。
はい!次にいきます ^^
by smughetto | 2012-07-05 11:59 | 刺繍

刺繍をあしらっています

縁あって日本刺繍をはじめたのが昨年の4月。
京都の伝統工芸士の先生を心斎橋の手芸やさんに
お招きしてあたらしくはじまる教室に乗りました。

たまにお休みになることもあったり
なにより私の手がおそいのがいちばんの理由で
1年も経過したとは思えない腕の上達ぶりですが、

なんだかんだで
月2回のお稽古は気分が高揚する時間となっています。

先月には松山や奈良からあたらしい生徒さんがくわわり、
私ともうひと方は大阪校第一期生として幅を利かせ始めています♪

さて、作品ですが、
1作目は小さな生地にお花を縫い、
2作目はおなじく小さな生地に宝尽くしをしました。
そして、3作目の今。

なんと
d0178432_9543717.jpg

着物を手がけています!

いきなり飛躍しすぎですねっ。

自分でも無謀と思いながら、
今はひと針ひと針すこしずつ進んでいくのが楽しみです。

いきさつや進み具合などはおいおい書いていきたいと思います。


これから7月のお稽古に行ってきます ^^

by smughetto | 2012-07-03 10:36 | 刺繍
今年の4月にお稽古が始まって
いきなり針を刺していった一枚の紬生地。
(その様子はこちら☆

d0178432_2257143.jpg

それが半年待って。じゃーん!
練習の一枚がこんな姿に。

裏打ち(裏に和紙を糊ではって一晩寝かせる作業)後、
額に入れられてすっかり見ちがえてうちに届きました♪

d0178432_9464658.jpg

あの辛口&滅多に誉めない夫からめずらしく“いいじゃん!”
うちの殺風景なリビングの壁に飾ることになりました♪

d0178432_22584931.jpg

記念撮影~
こうゆう時は黒のタートルネックなのかなと(笑)。

d0178432_2382919.jpg

じつは先日からこの技法を使って
あることに挑戦しています。
一作目同様、想像できないできあがりを楽しみにしているところです。
by smughetto | 2011-12-20 10:57 | 刺繍

刺繍。3ヶ月

d0178432_17322990.jpg

好きな色を自由に使えるって楽しいな!
ぶすぶす!(針を刺す音。)
数回目の授業で「完成したら額に入れますよ。」と言われてからは
ちょっと慎重になってます。

“やり直さない”が先生の方針。(*相当ひどくない限り。)
それが上達への早道だそうです。
それから糸を汚さない為。絹の艶がなくなってしまうそうです。
とは言っても、ここに刺したらこうでるだろうと思ったように
糸がでてきてくれません。
たまに裏でぐちゃぐちゃに絡まったりして
「あらあら、これは大事件ですよ。やり直しましょうね。」
数針ほどいて、の繰り返し。

今日は、できあがり前ですが、
暑さで手がぱったり止まってしまったので
走り書きノートをすこし整理してみようと思います。


丸。
地の目地引き(地の目通りに繍う。)
d0178432_15191570.jpg


桜。
成り繍(方向によって成りに繍う)
中心の割れているところから繍うのは桜だけ。
d0178432_15193157.jpg


にほい。
さんだわら繍、相良繍。
d0178432_15183295.jpg


梅。
地の目地引き。その上に、霧おさえ。(もじりおさえ。)
d0178432_15302611.jpg


紅葉。
割り繍。
d0178432_15324011.jpg


葉っぱ。
地を引いたのは、成り地引。
葉脈の上に、ひっぱりとじ。
d0178432_16541852.jpg


紅葉と同じ、割り繍。
でしたが、先走って成り地引に。
d0178432_21181598.jpg


松葉。
まつい繍。
d0178432_15233763.jpg


ぎゅうぎゅうづめだったり曲がっていたりですが、
少しずつできあがっていく感覚を楽しんでいます♪
by smughetto | 2011-06-23 21:22 | 刺繍