大阪での生活も板についてきました。ますます忙しい旦那をもつお気楽主婦の徒然日記。旦那との思い出帳、たま~に着物。お気に召すままに。夫婦の写真をアトランダムに盛り込んでます。


by smughetto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夫婦で絵付け体験

夫を清水焼絵付け体験に誘いました。
最初はびっくりしていましたが、思ったとおり、興味ありそう ^^

絵といえば散々“へた”のレッテルを貼られているのが私。
この機会にイメージ払拭してもらいましょ。
なんならどっちがうまくできるかな!

高速に乗ってカーナビの示すところは茶わん坂もほぼ清水寺。
なんとなくしか調べずに出てしまったものだから、
この桜の季節に、車で清水寺に向かうという、
正気ならゼッタイしない暴挙に出ることに(反省~。)


d0178432_1684272.jpgd0178432_16101353.jpg
朝日堂の美器工房さん。
渋滞にハラハラしながらなんとか到着しました。
d0178432_15283175.jpg
茶わん坂から細い階段を登った工房は眺めのいいこんなところです。
今回は私たち2人でした。

棚に並ぶ湯呑、茶碗、大皿、ビアマグ、コーヒーカップの中から
d0178432_10593434.jpg
前もって決めてきましたよ。大皿で♪
d0178432_15253974.jpg
前日の話し合いで夫が「俺、富士山!」「じゃ、私も富士山!」
静岡つながりで2人とも富士山には思い入れがあります。
d0178432_15264185.jpg
さらっとお手本を見せてくれました。
呉須(ごす)という、コバルトと鉄とマンガンを含む絵の具をお茶で
うすめて色の濃淡をつけながら描いていきます。
お茶というのは、カテキンが清水焼きの伸びと発色をよくするそうです。
d0178432_14593268.jpg
ろくろも好きに使っていいとのこと。
d0178432_1503034.jpg
夫、ざっと練習の図。こうして見るとすでに完成形ですねぇ。
d0178432_1513894.jpg
さて、いよいよ本番です。

下描きなしのぶっつけ本番!筆使いがむずかしー。
夫はいきなりろくろ使い(裏面)から始めました。
私は思いついたものをどんどん描き足していったもんだから
ひと筆ごとにドツボにはまっていく感じ。
その隣でしきりにおほめの言葉をもらっているのは夫。
「いいですね~。勢いがありますね~。なにか(絵)されてたんですか?」
「いえ♪」(←まんざらでもなさそう!)

d0178432_1554155.jpg
黙々と自分のお皿に向き合うこと40分くらい。
・・・そして♪
d0178432_1555273.jpg
なんとか完成ー!


夫作。
d0178432_1562673.jpg
『富士山遠景』
(雲失敗~だそうです。)


私作。
d0178432_1574791.jpg
夫が『おもちゃ富士』と命名してくれました。
(だんご虫みたいなのは蝶々と辻が花のつもり・・・がーん。)


このあと工房で釉掛け・焼成後完成されて、
一ヶ月くらいで自宅に届けられるそうです♪


d0178432_15137100.jpg

2人とも、もっとうまくできた気がする~という気持ちと、
次はちがうこともしてみたいな~という楽しみと。

夫婦での体験ものはまた新鮮で、
ライバル心も混じりなかなか面白かったので、
なにか又見つけて誘っていこうと思った次第です。

『朝日堂陶芸体験』


このまま車を停まらせてもらってる間に
ささっと清水寺へ♪
[PR]
by smughetto | 2012-04-10 10:12 | jalanjalan